マレーシア大学の魅力

魅力1 とってもリーズナブルな留学費用

マレーシアのお金

マレーシアの大学留学の費用は私立で年間80万円前後、国立では30万円からと非常にリーズナブルです。欧米では年間250万円程になりますので、半分以下まで抑えることができます。学費が高いために海外進学を断念されていた方にとって、マレーシアの学費は魅力的なのではないでしょうか。マレーシアの大学留学は学費が割安にもかかわらず質が高く、さらに設備が整った環境で授業を受けることができるので、近年注目されています。また、マレーシアの物価は日本の3分の1程度なので、学費だけでなく生活費用も抑えることができます。ロンドンやニューヨーク、シドニー等の都市では年々物価が上昇し、留学生も生活費を試行錯誤して節約しています。これに対して、マレーシアでは生活費を捻出することなく、無理をせず暮らすことができます。自然と費用を抑えて勉強に集中できる環境ですので、コストパフォーマンスとしては最も優れた留学先といえます。

魅力2 世界中に広がるユニークな選択肢

世界とのコネクションのイメージ

「デュアルディグリープログラム」や「ツイニングプログラム」といったユニークなプログラムがマレーシア大学進学の大きな特徴です。これらのプログラムは、マレーシアに進学しながらヨーロッパや北米、オーストラリアなどの提携大学の学位を取得して卒業できるというものです。例えば、マレーシアのサンウェイ大学(Sunway University)はイギリスの名門校・ランカスター大学(Lancaster University)と提携しており、サンウェイ大学で勉強し、卒業するとランカスター大学からも証明書が発行されます(デュアルディグリープログラム)。また、北米の大学に編入することができたり(ADPプログラム)、イギリスやオーストラリアの大学に編入が可能(ツイニングプログラム)な選択肢も用意されています。マレーシアは世界各地に広く門戸を開く、大変グローバルな留学先といえるでしょう。

魅力3 グローバルビジネスで活躍できる教育

世界の国旗のイメージ

大学の世界ランキングを見ると、マレーシアでは多くの大学が上位に位置しています。また、マレーシアの大学は留学生の割合が高いところが多く、中には留学生が80%近い大学もあります。そのため、多国籍な環境で切磋琢磨しながら勉強することができます。さらに、もともと私立大学は専門学校だったという背景もあり、専門性の高い分野を学ぶことが可能です。専門スキルをマレーシアというグローバルな環境で学んだ人材は、これからの日本において、そして海外において必要とされる重要なマインド、知識、経験を得ているはずです。国際的に活躍できるビジネスパーソンを目指している方には、是非マレーシアでの大学進学をおすすめします。

大学の種類

大学制度について

大学のプレート

マレーシアにも国立大学と私立大学がありますが、日本のような経営体の違いだけではなく、学部や制度が大きく変わります。また、私立大学は「University」「University College」「College」の3つに分類されます。

    

入学条件

入学には書類審査

マレーシアへの大学進学にあたって、日本のような一括の入学試験はありません。基本的に書類の提出のみで合否が決定されます。もちろん、合否の基準は大学によって異なりますが、日本での高校の成績が平均以上であれば十分見込みあるといえます。

英語力の証明

高校の成績と併せて英語力の証明も提出します。英語力の基準も大学やコースによって異なりますが、最低でもIELTS5.5、TOEFL550以上が目安となります。
英語力が足りない方は付属の英語コースや私立の語学学校から英語の勉強をはじめることもできます。最近では地理的に近いフィリピンに短期集中型の語学留学へ行って大学進学に備える方も多く、大変効率的な方法といえます。

ファンデーションコース

マレーシアの教育制度はイギリスの影響を色濃く残しています。中等教育(中学・高校)が計5年で日本の教育制度と異なります。大学1年目から専門分野の勉強が早速開始されるので、学部授業では基礎教養科目といった履修がありません。そのため、ファンデーションコースという大学進学準備コースで勉強してから、大学に進学する方法が一般的です。また、高校の成績が大学進学の条件に満たなかった場合、ファンデーションコースからの入学で許可される場合もあります。しっかり基礎を築いた上で、大学準備に向けてしっかり基礎作り準備ができるため、進学後に高い成績を狙える現実的な選択肢といえます。

学校の選び方

POINT1 勉強したいことをはっきりさせる

進路を考える大学生のイメージ
大学で何を勉強したいのかを出来る限り具体的にしておくことは最も重要です。マレーシアの私立大学はもともと専門学校だったという背景があります。そのため、ホスピタリティやIT、ビジネスなどを非常に専門的かつ実践的に勉強することができます。それぞれの大学でカラーもあるので、自分が勉強したいことと卒業後に目指すキャリアをなるべく明確にすることで、大学の選択肢が定まってくるはずです。

POINT2 海外との提携関係に注目してみる

地球儀のイメージ

マレーシアの大学で最もユニークなところがデュアルディグリーやツイニングプログラムをはじめとした海外大学との提携関係です。一度もイギリスを訪れなくともイギリスの大学卒業資格が得られたり、アメリカへ途中から進学をしたりと、多種多様なプランが実現可能です。大学がどの国の大学と提携しているのか。二国目にも注目することで自分だけの留学プランを練ることができます。

POINT3 大学の環境

サンウェイ・ユニバーシティの外観

大学によってキャンパス環境は大きく異なります。市内中心エリアの大学もあれば郊外の落ち着いた場所に立地しているところもあります。どちらが良い、ということはないので自分にマッチする雰囲気を選びましょう。また、スタイリッシュでモダンなキャンパス設備であったり、賑やかで明るいエネルギッシュなキャンパスであったりと、感覚面でもマッチする大学選びも非常に重要です。

マレーシア大学留学説明会

毎月開催!マレーシア大学留学説明会

マレーシアのお金

アジアでも特に多種多様な文化のなかで英語を学べることができるマレーシアは、アジアの中でも穴場な留学先です。世界ランキング上位に入る大学が数多くあり、予算を抑えながらも質の高い就学先として近年注目を集めています。
マレーシア留学説明会では、基本の語学留学に加え、人気のマレーシア大学進学や生活の注意点などについて、広くご案内します。短期から長期まで、様々なご留学をご検討の方がご参加いただけます。

 
 

留学のご相談はこちら

0120-4192-09

【月~金】10:00~20:00
【土日祝】10:00~19:00 メール受付24時間対応

メール受付24時間対応

Copyright ©マレーシアへの大学留学・語学留学【マレーシア留学センター】 All rights reserved.

カンタン1分!お問合せ

無料留学の相談はこちら!